« 東京カテドラル聖マリア大聖堂のステンドグラス | main | SOFT ARCHITECTURE @St.Mary's Cathedral, Tokyo »

東京大学柏キャンパスランドスケープ整備「太陽電池の丘」

kashiwa_07.jpg

kashiwa_77.jpg
photo:Nacasa & Partners

P1030458.jpg

P1030462.jpg
東京大学柏キャンパスのランドスケープデザイン。交差点に面した敷地境界の樹林を保存しながら新たに芝生の丘をつくり、太陽電池セルをサンドイッチしたガラスパネルを配置する。太陽電池で得られた電気は蓄電し、夜間照明に用いる。照明は東京カテドラルなどでも使用しているLEDユニットを使い、太陽電池セルが挟まれたガラスパネル(フロスト加工)が発光するスクリーンとなり外灯の役割を果たす。また、蓄電された電気は非常用電源ともなり、災害時に取り出すことができる。(常時7000wh蓄電)
敷地に隣接して保育園の計画を進めており、太陽電池の丘は保育園の庭となる。ガラススクリーンの照明は夜9時まで運営される予定の保育園の園庭用の照明にもなる。
設計監理:
東京大学キャンパス計画室清家剛
東京大学施設・資産系
東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任助教 日高仁
協力:
大野二郎
Responsive Environment 西澤高男
構造設計:坪井宏嗣

受賞:第二回グランドデザインコンテスト最優秀賞受賞
LED照明:カラーキネティクス・ジャパン株式会社
撮影:Nacasa&Partners

TrackBacks

このエントリーのトラックバックURL:
http://slowmedia.net/mt/mt-tb.cgi/253