ウィキペディア、フリー百科事典から



















やさしいソフトな肌ざわりのデニム。
デニムと同じように、生地表面に斜めのラインが現れる綾織りで織られた綿ツイル生地です。
ジーンズに使われるハードなデニムよりも細め(30番)の糸を使いソフトな肌ざわりに仕上げたベッドリネンに適したデニムです。
薄手でサラッとした肌ざわり。
インディゴ染めのデニムよりも使用・洗濯時の色落ちがしにくい染料を使っています。
ボックスシーツは上下ゴム式となります。

お手入れに関しましては、綿100%生地なので普通に洗濯機で洗っていただけます。
漂白剤の使用はできるだけ避けて下さい。どうしても生地を傷めてしまいます。
蛍光剤入りの洗剤もお避け下さい。
タンブラー乾燥(乾燥機)はできるだけお避け下さい。
生地に負担をかけるし毛羽立ちもできやすくなるのでご注意下さい。
素材の性質上、長時間の摩擦や揉み作用で毛玉が出来やすいのでご注意下さい。
目立つ毛玉はハサミや毛玉取り器で取り除いて下さい。

Fab the Home / ファブザホーム

ベッドリネン(布団カバー、シーツ、枕カバー等)を中心に、心地よい肌触りを追求したファブリックブランドです。素材の個性を活かし、上質なベッドルームを提案しています。




その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー

やさしいソフトな肌ざわりのデニム生地 ベッド 寝具 布団 布団カバー シーツ類 ベッドシーツ ボックスシーツ Fab the Home(ファブザホーム)/ライトデニム ボックスシーツS NV3894

やさしいソフトな肌ざわりのデニム生地 ベッド 寝具 布団 布団カバー シーツ類 ベッドシーツ ボックスシーツ Fab the Home(ファブザホーム)/ライトデニム ボックスシーツS NV3894:私たちの当初の編集上の洞察は、モバイルテクノロジーが新世代のデジタル消費者を生み出したため、テクノロジーが文化の端から絶対的な中心に移行したというものでした。 本日の目玉,アウトレット,販売実績no.1やさしいソフトな肌ざわりのデニム生地 ベッド 寝具 布団 布団カバー シーツ類 ベッドシーツ ボックスシーツ Fab the Home(ファブザホーム)/ライトデニム ボックスシーツS NV3894