ウィキペディア、フリー百科事典から


新しいスタイルを追求する、次世代のアーティストへ。
ゴールドブラス二枚取りベルと長めで剛性を増したマウスパイプが、ふくよかで存在感のある音色を醸し出します。
銀メッキ仕上げ。

【特徴】
■第3トリガー
新しくデザインされた第3トリガーは、人間工学に基づきデザインされました。奏者の手の大きさに関わらずスムーズな操作感を実現します。

■マウスパイプ
マウスパイプとバルブケーシングの間に新たなテーパー部分を設け、高音域の安定した吹奏感と正確な音程を得やすくなった革新的なデザインのマウスパイプを採用しました。

【仕様】
仕上げ:銀メッキ
ベル直径:151.8mm
ボアサイズ:S
ベルの形状/その他:FH1ベル/第3トリガー付
調子:B♭
ベル材質/加工法:ゴールドブラス/二枚取り
付属ケース:FHC-8315
付属マウスピース:FH14F4

【出荷前検品】
ご注文いただきました楽器は、お手元に届き安心して演奏していただけるようお客様にお届けする楽器1本1本を出荷前に専門の技術者が検品・調整を行い出荷をさせていただいております。

【お取り寄せ商品に関して】
メーカーより新品をお取り寄せ致しますので、商品出荷までに通常3日程お時間を頂いております。土日・祝日のご注文やメーカー在庫切れの場合はお届けまでにお時間がかかる場合がございます。
特注品や納期に時間のかかる商品に関しましては、メールにて確認のご連絡を致します。

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー