ウィキペディア、フリー百科事典から



監督エメリック・プレスバーガー
出演者ロバート・ランスヴィル
収録時間110分
制作1951年/イギリス
メーカー東北新社
品番K48V11513/中古ビデオ
備考

■商品説明
〔プロローグ〕十九世紀のニュールンベルグ。オペラ劇場では美しいバレリイナのステラ(M・シアラー)が官能的な「蜻蛉の踊り」(相手はE・オードラン)を踊っている。彼女は、詩人ホフマン(R・ラウンズヴィル)に夢中で、彼を部屋へ誘うため鍵を従僕に託したが、ステラに恋するリンドルフ(R・ヘルプマン)は賄路でそれを奪った。同じ頃居酒屋ルーサーで騒いでいる学生の中にホフマンが現れ、請われるままに往時の情事を語り出した。

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー